写真酵母

Brompton × Miniature Schnauzer × Photography

Photography

3:2 → 16:9変換?

Voigtländer NOKTON Classic 40mm F1.4 カメラセンサーのフレーム比率を農場の柵を使って変換してみたのだけど・・・手前の上下のフレームの木目がもっとはっきりしていると良かったかな〜って、家帰ってきてPCでこうして見たらそう思うのだけど、実際にはお…

よだかの星

Batis 85mm F1.8 池にポツンの咲く水蓮のはな。宮沢賢治の「よだかの星」を読んだ後、たまたま道路脇の池で見かけたので、文中のよだかとこの水蓮のはなが私の中で被ってしまいました。 名作はいつまでも語り継がれてほしいものです。

East Hokkaido

GM135mm F1.8 私個人の感覚的なところだが、道東の緑は、道央のそれよりもやや淡く、寂しさを伴った涼しげな色相ではないかと思えている。 行ったことはないけれど、映像や写真などで触れるところの、イギリス北部のスコットランドとなんとなく似たような雰…

Pentagon Farm

Sony GM 70-200mm Pentagon(五角形)のようなこのデザイン。心が吸い込まれるようになりながらもファインダーをセンター方向に向け、肘を畳んで、f8くらいに絞って綺麗にシャッターを振り抜いてみました。視線の先にある雨雲に乾いたシャッター音だけが響い…

Wheat & Line

Sony GM70-200mm 北海道も少しづつ温度と湿度が上がってきました。でも昨年の同じ時期よりは涼しく、エアコンの無い我が家にとっては有り難い限りです。 小麦たちを撫でる風が気持ちのよいひと時でした。

水緑画

Sony GM70-200mm 北海道のGreenが美しい季節となりました。湿った空気の中でシャッターを落とすと同時に雨粒も落ちてきました。水墨画ならぬ水緑画といったところでしょうか。

サイロ

Voigtländer NOKTON Classic 40mm F1.4 北海道のサイロはどれも美しい。 上の部分がなぜ少し斜めになっているのだろう・・・? あの窓はどんな時に開けるのだろう・・・?とか、何も知らない私にとっては想像の域をでない部分があるけれど、実用性と相まった…

白い壁と淡緑アイビーと

Elmar3.5cm F3.5 壁をつたう優しいコントラストを醸すアイビーに柔らかな光が照らされたその時ファインダーを。光よし。レンズよし。 腕よ・・・・・・し? 笑

Sheep

GRⅢx この牧場の羊を見るたびにかわいいな〜と思うのに、いつもスっと通り過ぎてしまっていた場所。たまたまGRを車に載せており、立ち止まりシャッターを落とすことができた。やはりGRの身軽さは良いですね。

半月堡(はんげつほ)

Elmar3.5cm F3.5 五稜郭のお堀をぐるっと散歩してみると、一つだけとんがった部分があり、半月堡というようだ。その先端部分に行くと槍の形状の石が2段で構えられている。解説を読むとなるほど、これを合計5つ造る予定だったのだとか。だからなのかな、五稜…

愛犬と一緒に好みのレンズで櫻を愛でる

Elmar3.5cm F3.5 Elmar3.5cm F3.5 Elmar3.5cm F3.5 五稜郭の櫻は半数程散っていましたが、残る花びらの美しさに存分に浸れました。函館港には世界周遊する大型観光船が来ており、その関係もあってか異国情緒漂う国際感豊かな五稜郭でした。 そんな中を愛犬と…

Tokyo

GRⅢx 仕事の関係で久しぶりに東京へ。自分には何十倍も背伸びしても届かない近未来そのものの街を目の当たりにシャッターを押すタイミングも憚られる(笑) こんな大都市で素敵なスナップを日常的に撮られる写真家の方々にリスペクト。 4月下旬というのに、…

- 凛 -

Sony GM135mm 人生も終盤に差し掛かり、自分にとって必要なものと必要で無いものを棲み分けし始めている。その過程は少し寂しいのだけれど、もう必要ないかな。と思ったものが、令和の時代に再びフォーカスされているのを知ると嬉しくなり、結局処分に踏み切…

氷雫

Elmar3.5cm F3.5 最後の氷雫。 シャッターを落とした後、風に揺れ、雫はそっと落ちていきました。 北海道の春も近いようです。

温故

Elmar3.5cm F3.5 Leica SL3が発表されましたね。良いとか悪いとか感想を抱く以前に、自分にとっては価格が高過ぎてスルーせざるを得ない状態です(笑) 温故知新なんて言うけれど、知新は諦め、温故のみに舵をきり、90年前のElmar3.5cmをSonyのボディに装着…

ペンギン村

GRⅢx 北海道大学構内を愛犬と歩いている時にその訃報を知りました。 幼少期に最初に見たアニメは私が記憶している限りで確か「アラレちゃん」でした。漫画やアニメがあまり好きでなかった父親もアラレちゃんだけは大好きで家族みんなで一緒に見たことを懐か…

Beautiful village Biei

Sony 70-200mm GM F2.8 久しぶりの美瑛。心も体も透き通るようでした。北海道民(それも美瑛町民)からしてみれば日常の光景ですが、海外それも雪の降らない国の方からしてみれば、やはり別世界なのでしょうね。 もう数年前の話ですが、たまたま縁があって、…

吾輩は猫である?

GRⅢx なかなか雪が降っています。寒さもなかなかです。This is HOKKAIDO!! 雪かき終わって、さてと愛犬の散歩に行こうかと外出の準備をしたところで、ふと愛犬の姿が見当たらず。どこに行ったのか家の中を探すと、こんなに寒いにも関わらず散歩に行くことを…

Mt. Yotei

Lumix S 24-105mm F4 見たくても湖の霧や雲で見えないことの方が多い羊蹄山。私にとって写真を始める原点ともなったこの場所で羊蹄山がここまではっきり見えたことは恐らくこれで2回目だと思う。 改めて穏やかな年になりますように。と遥か彼方の羊蹄山に静…

良いお年を!

Voigtländer NOKTON Classic 40mm F1.4 慣れないブログをなんとかかんとか不器用ながら1年やってみました。 閲覧数とか読者数はいっこうに増えませんが、そんなことよりも全国各地に、写真をそれぞれの立ち位置や角度から真摯に向き合っておられる方々を知る…

西陽

Elmar3.5cm F3.5 Elmarでモノクローム。手前の白菜に視線がいくかもしれませんが、奥におられる軽自動車の農夫さんが主役。西陽に照らされるシルエットが素敵でした。

Snow Dance

Zeiss Batis 85mm F1.8 今日の北海道(札幌)は雪。雪雲がどんよりしていますが、雪の中でチューリップが寄り添いながらダンスしている姿を見ると心が和みます。

eyes 2

Voigtländer NOKTON Classic 40mm F1.4 愛犬を始め、いろいろな動物に見つめられるといつも思うのだが、人間と動物が会話ができたらどんなにも楽しいものか・・・と思ってしまう。 幼少期にドリトル先生という本を読んで、いろいろな動物と会話ができるドリ…

eyes

Elmar3.5cm F3.5 youtubeで写真に関する情報を入手することがここ数年の私のグータラスタイルなのだが、本当はもっと生の作品とか写真集とか直に見て、できることなら実際に写真家の方に会って作品の背景なども含めて会話したほうがきっといいのだと思う。と…

白い扉に赤いポスト

Batis85mm F1.8 確か素敵な革製品を扱うお店だった記憶ですが・・・ 自分がもしお店をやるなら、こんなお洒落な店構えにしたいものです。

GRの「強さ」

GRⅢx 昨日、凍てつく道路に落下させてしまい、背面液晶にヒビが入ってしまったGRⅢx。 動作自体は正常に動くので最悪の事態は回避できた・・・と自分に言い聞かせるのの、撮影自体が本当に大丈夫かどうしても心配で、機能に支障が無いか改めて確認したく出掛…

黄色の看板

Zeiss loxia50mm F2.0 GRⅢx 黄色に絞って、デザインの良い看板があったら撮ろうと決めて見たものの、意外と自分の心が動く看板が無くてちょっと時間がかかったけど、ようやく2つほど巡り会えました。たまにはこんな観点で写真を撮るのも楽しくていいかなぁ…

冬の入口にZf

Sony GM135mm F1.8 1週間ほど前の撮影。 車を走らせて良い光が回っている畑のランドスケープにファインダーを向ける。こんな時は85mmか135mmを使い分けています。内心は札幌都心部でもスナップで135mmなんかを振り回したいと思っているのですが、人通りの多…

RGB

Zeiss Batis25mm F2 赤に緑に青、RGB揃い踏みの美しい北海道の秋。 水際では小さな魚が気持ちよさそうに泳いでいました。釣りはあまりしてこなかった人生でしたが、こんな美しい湖を目の前にすると・・・来年はフライフィシングでもやってみようかな〜と。 …

iPhoneかざして

Zeiss Batis85mm F1.8 砂浜の遠く向こうに小さく見えるのはiPhoneかざして美しい波の様子を撮影している方でした。動画を撮っておられるようでしたが、お邪魔にならないように85mmでそっとフォーカスさせていただきました。 たまには海を見るのもいいですね…